普勸坐禪儀

Muho

原ぬるに夫れ、道本圓通、爭か修證を假らん。
宗乘自在、何ぞ功夫を費さん。
况んや、全體遙かに塵埃を出ず、孰か拂拭の手段を信ぜん。
大都、當處を離れず、豈修行の脚頭を用うる者ならんや。

然れども、毫釐も差あれば、天地懸に隔たる。
違順纔かに起れば、紛然として心を失す。
然れども、毫釐も差あれば、天地懸に隔たり、違順纔かに起れば、紛然として心を失す。
直饒、會に誇り、悟に豐かにして、瞥地の智通を獲、道を得、心を明めて、衝天の志氣を擧し、入頭の邊量に逍遙すと雖も、幾ど出身の活路を虧闕す。

矧んや、彼の祇園の生知たる、端坐六年の蹤跡見つべし、少林の心印を傳うる、面壁九歳の聲名尚聞こゆ。
古聖既に然り、今人盍ぞ辯ぜざる。 所以に須らく言を尋ね語を逐うの解行を休すべし。須らく囘光返照の退歩を學すべし。
身心自然に脱落して、本來の面目現前せん。恁麼の事を得んと欲せば、急に恁麼の事を務めよ。

夫れ參禪は靜室宜しく、飮食節あり。諸縁を放捨し、萬事を休息して、善惡を思わず、是非を管すること莫れ。
心意識の運轉を停め、念想觀の測量を止めて、作佛を圖ること莫れ、豈坐臥に拘らんや。
尋常、坐處には厚く坐物を敷き、上に蒲團を用う。或は結跏趺坐、或は半跏趺坐。
謂く、結跏趺坐は先ず右の足を以て左の腿の上に安じ、左の足を右の腿の上に安ず。
半跏趺坐は、但だ左の足を以て右の腿を壓すなり。

寛く衣帯を繋けて、齊整ならしむべし、次に右の手を左の足の上に安じ、左の掌を右の掌の上に安じ、両の大拇指面いて相さそう。
乃ち正身端坐して、左に側ち右に傾き、前に躬り後に仰ぐことを得ざれ。耳と肩と對し、鼻と臍と對せしめんことを要す。
舌上の顎に掛けて唇齒相著け、目は須らく常に開くべし。
鼻息微かに通じ、身相既に調えて欠氣一息し、左右搖振して、兀兀として坐定して、箇の不思量底を思量せよ。不思量底如何が思量せん、非思量、此れ乃ち坐禪の要術なり。

所謂坐禪は習禪には非ず。唯是れ安楽の法門なり、菩提を究盡するの修證なり。公案現成、羅籠未だ到らず。
若し此の意を得ば、龍の水を得るが如く、虎の山に靠るに似たり。當に知るべし、正法自ら現前し、昏散先ず撲落することを。
若し坐より起たば、徐徐として身を動かし、安詳として起つべし、卒暴なるべからず。
嘗て觀る、超凡越聖、坐脱立亡も、此の力に一任することを。

况んや復、指竿針鎚を拈ずるの轉機、拂拳棒喝を擧するの證契も、未だ是れ思量分別の能く解する所に非ず、豈神通修證の能く知る所とせんや。
聲色の外の威儀たるべし、那ぞ知見の前の軌則に非ざる者ならんや。
然れば則ち、上智下愚を論ぜず、利人鈍者を簡ぶこと莫れ。專一に功夫せば、正に是れ平常なる者なり。
凡そ夫れ、自界他方西天東地、等しく佛印を持し、一ら宗風を擅にす。唯打坐を務めて、兀地に礙えらる。
萬別千差と謂うと雖も、祗管に參禪辨道すべし。何ぞ自家の坐牀を抛却して、謾りに他國の塵境に去來せん。
若し一歩を錯れば、當面に蹉過す。既に人身の機要を得たり、虚く光陰を度ること莫れ。

佛道の要機を保任す、誰か浪りに石火を樂まん。加以、形質は草露の如く、運命は電光に似たり。倏忽として便ち空じ、須臾に即ち失す。
冀くは其れ參學の高流、久しく模象に習つて、眞龍を怪しむこと勿れ。
直指端的の道に精進し、絶學無爲の人を尊貴し、佛佛の菩提に合沓し、祖祖の三昧を嫡嗣せよ。
久しく恁麼なることを爲せば、須らく是れ恁麼なるべし。寶藏自ら開けて受用如意ならん。