あなたこそが安泰寺!

ここ安泰寺は、道元禅師の教えを純粋に行じるために設けられた修行道場です。悟りを求めることなく、修行がそのまま悟りである仏道を今、ここの生活の中で実践しています。

一日はもちろん年間を通して坐禅(年間1800時間)に専念出来るように生活は簡素で質実です。そのためには檀家をとらず、田畑を耕し自給自足をしています。雪で外部との往来が出来ない冬季は、坐禅と教学に充実した雪安居があります。

安居者は僧侶、在家の参禅者、また外国人も乳水和合の修行をしています。

安泰寺では基本的に三年間以上の修行希望者しか受け付けていません。詳しい情報は〈参禅について〉をご参照ください。これ以外にも、現住職ネルケ無方は講演活動やイベントに参加し、安泰寺でも年に数回リトリートを開催しますが、それらの情報は〈講演・イベント〉にあります。

なお、短期参禅を希望されている方のためには、GWの典座体験や7月の夏の禅合宿春と秋のリトリート
を開催しています。