あなたこそが安泰寺!

安泰寺は真面目な求道者の集まる叢林です。優雅な遁世者の生活では、決してありません。癒しを期待していても、そういったものは皆無です。

一日の二十四時間は修行です。修行とはすなわち、あなたが菩薩として生きることです。そのためには、なにも安泰寺のような厳しい環境で生活をする必要はないのです。世間でも、菩薩行の実践はできます。しかし、ここで集う修行者はいったん世間を離れて、三年以上は師匠について、また修行仲間に切磋琢磨されながら坐禅と作務に没頭します。そのために他の修行者との和合を狙うのは勿論ですが、人助けされたりはしないので、自分の修行を自分がしなければなりません。

安泰寺の生活において、いちばん大事なことは、仏道を自分に引き寄せるのではなく、自分の身をも、自分の思いをも、すべて仏道の方へ投げ入れることです。そのためには先ず自分は何のために来ようとしているのか、ここで何をしようとしているのか、を本人がハッキリと自覚することです。

あなたが今生きているこの瞬間の命のほかに期待するものが一つでもあれば、必ず失望するでしょう。

なお、安泰寺では基本的に三年間以上の修行希望者しか受け付けていません。詳しい情報は〈参禅について〉をご参照ください。これ以外にも、現住職ネルケ無方は講演活動やイベントに参加し、安泰寺でも年に数回リトリートを開催しますが、それらの情報は〈講演・イベント〉にあります。